since1935

 兜山窯は高梁川西岸の酒津八幡山(通称兜山)の山麓にあり、明治九年創業した酒津焼発祥の窯場でもあります。ここに酒津焼二代目の五男岡本蕭一が昭和十年、兜山窯と銘打って新しく登り窯を築いたのが始まりです。
蕭一は当時民芸運動の創始者柳宗悦氏との出会いや、酒津焼振興の為に来窯した民芸派の浜田庄司、河井寛次郎、富本憲吉、バーナード・リーチなどの諸巨匠の作品や指導に強く共鳴し、大きな影響を受けました。
兜山から生まれる作品は、ここで採れる鉄分の多い、ざっくりとした陶土を用い、灰釉を主として松割り木による焼成で、簡素であたたかみのある焼物として多くの人々に親しまれてきました。
 現在、蕭一の後を受けて次男孝明、孫達弥共々伝統を踏まえ、風土と人間性とが自然に表れた、土のぬくもりを感じるような作風を念じながら時代に即応した作品を生むべく精進しております。
 兜山窯の作品が皆様の生活に少しでも潤いと安らぎをもたらすことができれば、この上ない幸せです。



 岡本末吉が明治九年に酒津に移住し、萩から職人を招き酒津焼を開始。
数年後に地元の石井浅次郎、安原嘉次郎らと共同で新しく窯を築いた。これが「加武登窯」(兜窯・甲窯)である。


酒津兜山窯跡図(岡山県立博物館蔵)

この後明治十三年に300b南の麓に十三袋もある西山窯を築く。


末吉没後、嘉藏が甲窯と西山窯でフル生産。
西山窯は大正十三年に廃窯、再び甲窯だけとなる。
昭和六年に、蕭一が作陶を始める。
昭和七年から十二年にかけて、柳宗悦、浜田庄司、河井寛次郎、バーナード・リーチ、富本憲吉など、民芸運動の指導者達か訪れ指導する。
昭和十年、蕭一は雑器だけの制作に飽き足らなくなり大窯のすぐ近くに自分だけの窯を築く。これが、兜山窯の始まりである。

時は窯の屋根がわら葺きで、わらに火がうつっては、あわてて消したそうです。

大正時代の西山窯「都窪郡誌」より



現在の加武登窯跡
昭和二十五年に酒津焼四代の静太郎は従前から住まいのあった酒津水門へ移窯する。
昭和三十六年に蕭一の次男、孝明が兜山窯にて作陶を始める。
平成九年に蕭一の孫、達弥が兜山窯にて作陶を始める。
現在に至る。